子宮筋腫

子宮筋腫を自宅で改善する方法

子宮筋腫 治療

 

子宮筋腫の治療には、
筋腫の状態や症状によって「薬物療法」と「手術法」とに分かれます。

 

子宮筋腫があまり大きくなく軽度の症状が現れている場合であれば、
薬物療法で経過観察になります。

 

痛みがあれば鎮痛剤、貧血であれば増血剤などの対症療法で治療します。

 

経過が思わしくない場合には、ホルモン療法を行います。

 

その1つの方法として、薬物の投与によって
、筋腫を成長させ肥大化させてしまう女性ホルモンの
分泌を抑えて、人工的に閉経状態にする治療法です。

 

筋生理がなくなるので、貧血症状も起こらなくなりますが
、筋腫を治す治療ではなく、
一時的の対処治療になります。

 

但し、更年期症状や骨量低下が起こるので長期の投与はできません。

 

手術がとられる場合は、筋腫による症状が重い人や、
不妊や流産・早産の弊害が考えられる人に施されます。

 

筋腫だけを摘出する手術で済む場合と
子宮を全部摘出さざるを得ない場合があります。

 

 

色んな治療法の中でも自宅でできる子宮筋腫の治療もあります。
実は子宮筋腫は自宅でよくなるのです。

 

興味があるかたはこちらを確認してみてください。

 

⇒ 子宮筋腫を自宅で改善する方法はこちら

 

 

子宮筋腫解消マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 子宮筋腫解消 総合ランキング

 

 

子宮筋腫を自宅で改善する方法